気ままに日々是好日

初秋の旅その2 ~塩原温泉郷~

 日光から矢板市を経由して車で約2時間、国道400号を箒川沿いに登っていくと森深い渓谷となりカーブもきつくなってきました。まわりの渓谷美に感嘆しているとようやく今晩の宿泊地である塩原大網温泉の「湯守田中屋」につきました。そこは、いわゆる塩原温泉の近代的な温泉ホテルが建ち並ぶ温泉街から離れた一軒宿で、山中とあって景色は薄暗い状態でしたが館内から洩れるあたたかい照明の光は気持ちをほっとさせてくれました。
e0199780_1210229.jpg

 私は、早速、チェックインを済ませ、夕食の前にこの宿の自慢の野天風呂へ入浴しましたた。そこは、階段を320段下りた渓流の箒川の脇で、ごうごうと流れる清流と2m以上はあろうかという無数の岩、紅葉や楢といった雑木に囲まれまさしくリアルな野諏深い露天風呂でした。温泉好きで多くの露天風呂を巡った私も驚愕せざるをえないほどです。前日にまとまった雨が降ったせいで、今朝から夕方まで宿のスタッフが川砂や水に埋まった風呂を清掃したそうです。(ちなみに日帰り入浴もできるそうです。)
e0199780_12155686.jpg

 楽しみにしていた夕食は、いろりを囲んで山の幸を中心にした炉辺焼きで、お酒とあわせ、日常の喧騒から逃避した落ち着いた夜と旅の情緒を存分に味わいました。
e0199780_12161937.jpg

 翌日は、さらに塩原温泉郷の奥まで入り元湯温泉の「大出館」に立ち寄り、特に日本唯一で他に例を見ない黒い温泉である秘湯「墨の湯」を体験してきました。
 お昼は塩原のご当地グルメ「スープ入り焼きソバ」を食べてみました。宿泊した宿で「スープ入り焼きソバ」のポスターが貼ってあったので「こばや食堂」に行ってみました。お昼の時間を過ぎ2時近かったのにお店の前には人の列ができています。昭和30年頃から地元の人達には愛され食べられているご当地グルメらしく、そのソースが利いた甘辛い味はどことなく懐かしく、コショウをちょっと加えることでピリッと引き締まります。
e0199780_12194881.jpg
e0199780_12195880.jpg

 塩原温泉郷には、ススキがきれいな里山やスープ入り焼きソバなど、のどかな故郷の香り、そこで生活する人の温かさを感じる、日本の懐かしい風景がいっぱいありました。
データ
塩原大網温泉「湯元田中屋」
塩原元湯温泉「大出館」
塩原温泉「こばや食堂」
[PR]
by atelierKC | 2010-10-14 12:25 | 気ままに日々是好日

埼玉を愛する情熱の空間創造家がマチでみつけた気になるデザイン・モノ・お店を紹介します


by KC(ケーシー)
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30