気ままな自遊人

ジャパンテックス2017 -インテリアに関する国際見本市-

11月15日~17日の3日間、有明の東京ビッグサイトで開催されました。
私は、アイデアや発想のヒントになるデザインソースや新しいマテリアルや建材、それから参考となる魅せ方やディスプレイ手法視察調査が目的に(と書くと格好イイですね。)行ってきました。
会場は一つ一つのブースをゆっくり見るにはとても1日では回れないほど広いですが、たくさんのお客様で賑やかな様や、楽しい展示、華やかなブースはとても楽しい時間です。何事も遊びの感覚が大切ですね。
お土産(パンフレットです)もフクロに一杯にたくさんもらって帰ってまいりました。

さて、私の個人的主観ですが気になったモノを、いくつか紹介したいと思います。

下の写真は照明器具を扱う会社のブースデザインです。パステルカラーでまとめ補色に近いブルーとイエローでまとめ商品イメージのカジュアルさ素朴な風合いと合うカラーリングです。「MADE IN TOKYO」のロゴもさりげないですが、しっかりと印象に残ります。
e0199780_11571131.jpg

下は大手建材ファブリックメーカーのブースとっ通路を遮るパーティション代わりのストリングカーテンです。
カラフルさが楽しいです。視覚的にも空間的にも曖昧さがいいです。実際、大人でも、入口からでなくこれらのカーテンをノレンの様に分けてブース内に入る人もいます。
e0199780_11575447.jpg
下の写真はステンレスの研磨会社のブースに合ったステンレス製のテーブルです。写真ではうまく表現できませんが、すごくきれいで、デザイン的にもインパクトを受けました。技術的にスゴイの一言です。日本の匠の粋は金属の冷たさは感じさせないほど職人の情熱と思いを感じられます。
e0199780_11584258.jpg
下は、大手建材ファブリックメーカーのブース全体のデザインです。シャンデリア照明を模したオブジェ、パラペットとサイン看板の位置関係、間接光などの使い方など仮設ブースのデザインとは思えないほどです。
e0199780_11593962.jpg
下の写真は和風の屏風。緊迫調のデザインで華やかです。このブースだけに限らず、全体的に和のイメージや日本の伝統技術を扱う展示が多かったです。東京オリンピックも近く開催され、日本のおもてなしを中心に、日本の美や文化をみなす世界的ブームなのかもしれません。和食店などのオブジェやアートとして使用してみたら面白いと思われる商材が多かったように感じます。
e0199780_12015484.jpg
1日で名刺も30枚ぐらい配りました。
持ち帰れなかった宝物・カタログも、これから郵送で送られてくることになっています。
出会いって素敵ですね。
一期一会に感謝!!

[PR]
by atelierKC | 2017-11-23 12:31 | 気ままな自遊人

埼玉を愛する情熱の空間創造家がマチでみつけた気になるデザイン・モノ・お店を紹介します


by KC(ケーシー)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31